ドライヤーの正しい使い方とは|つむじが薄い

つむじが薄い、脱毛や薄毛などに悩まされている人にとってドライヤーの使い方は大変重要で
使い方を間違えると髪にも頭皮にもよくありません。

 

「ドライヤーの熱は髪にはいいものではないので使わない方が良い」

ドライヤーの使い方

と思っている人もいるかもしれません。

しかしシャンプー後に髪が濡れたまま寝てしまうと頭皮に
雑菌が繁殖しやすくなって臭いの原因となるため適度に使う必要はあります。

 

ドライヤーの熱を特に濡れた髪に当てるとダメージが大きいため
まずはタオルドライで水分を取ってからドライヤーを使います。

 

その際に髪を乾かすのではなく、頭皮を乾かすイメージでドライヤーを使います。

 

髪をかき分けて頭皮を出してそこに熱をあてますが
風をあてるのは頭皮から20cmほど離れた場所が望ましいです。

 

そして同じ場所ばかりではなく少しずつ場所を移動させてあてていきましょう。

 

ほとんど乾いたなと思ったら冷風に切り替えることで
髪のキューティクル(髪を保護する成分)を引き締めてあげて終了です。

 

簡単なことではありませんが、徐々に慣らしていきましょう。

 

 

>>つむじ薄いと感じたら【女性必見】育毛剤とシャンプーの違いに戻る